レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

レーシックの治療において今現在利用されている技術というのは、まだ確立され始めてから歴史が浅いものとなります。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。

 

レーシックの手術で最悪の失明をしてしまうかもということですが、これはほぼあり得ないといえるでしょう。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。
メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。 他の病気や疾患の手術でもリスクはあるのと同じでレーシックにもリスクはあります。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。

 

全身脱毛 横浜ならクリック
http://www.alldepi-yokohama.com/



レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:2019-01-10

あたしには
リウマチを二十才で発病した叔母がいる。

その叔母は父の妹で、
あたしの記憶にある初対面の印象は、
父が手を貸しながら車から降り、大きな瞳を細くし、
ゆっくりとおだやかに話す、キレイなお姉さんだった。

幼いあたしにとって、
キラキラした瞳で誰にでも優しく接する叔母は、
「見て見て、あたしのおばさんだよ」と
自慢してまわりたい素敵な存在だった。

だが、歩いて外出することは少なかった。
今思えば痛みのことなど理解できるのだが、
五才くらいのあたしにとっては「外に行くのが嫌いなんだ」と思い、
一緒に買い物に行ったり、遊びに行って欲しかったが
あまり積極的には誘わなかった。

小学生になり、
あたしは学校の事などを叔母に語った。
あたしのたわいもない話に、
叔母は面倒臭そうな顔一つせず、逆に何十分も話の相手をしてくれた。

そんな叔母が大好きで、
一緒に外出したいと強く感じた時、
あたしは質問した。
「どうして外に行かないの?一緒に買い物に行きたいな!」

すると、叔母は
「足が痛くてね、長い時間立っていられないんだ、ごめんね…」
と言った。

あたしは「ごめんね」と言った叔母に
「しまった、悲しい気持ちにさせてしまった」と感じ、
さみしそうな表情をしていないかと思いながら、
叔母の顔をのぞくと…

叔母はいつものニコニコ顔で、話を続け、
「あたしのこの痛みはね、他の人が痛い思いをしないように、
神様があたしだけにくれた痛みなんだよ。
あんたやあんたのおとうとや妹が
元気で痛い思いをしないで済むと思うと、
この痛みへっちゃらなんだよ。
だからあんたはあたしの分まで元気でいてね!」
と言った。

今から10年以上も前のやりとりだが、
あたしにはこの言葉が胸に刻まれている。

ホーム サイトマップ