レーシックでの視力回復について

レーシックの手術におきまして、視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう。
なので実際に手術をしてくれる担当医の先生からの注意事項等はしっかりと聞くようにしましょう。

 

レーシックでは、最近における技術向上によりまして、どんどんとその安全性が保証されてきているのです。
視力矯正手術は、角膜を直接治療することとなるので、なかなか手術をする勇気が出てこないこともありますが、その安全性は現在におきましてはほぼ確立しているのです。
視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。 レーシックの手術を実際に受けた人のデータとしまして、裸眼での視力が1.0よりも低い人となっており実は約30%も占めています。
メガネもコンタクトレンズも必要とすることなく快適な暮らしを実現することが出来ているのです。

 



レーシックでの視力回復についてブログ:2019-01-01

人は赤ちゃんを産むと親馬鹿になる。
親馬鹿は親としての正常な反応なのである。

例えば、
赤ちゃんは長らく羊水に浸かっていたために
半漁人状態で産まれてくる…

それなのに全ての母たちは
赤ちゃんを見て「可愛い!」と思ってしまう。

母であるなら
我が子どもがどんな身体で産まれてこようとも、
可愛いと思ってしまう…
それは母として当たり前の反応なのである。

これが旦那になると
親馬鹿に余計に拍車がかかる。

ムスメが歌を歌っただけで
「この子は将来、歌手になるのではないか?」とか、
ムスコがボールを蹴ったくらいで
「この子はサッカーの素質がある」と言ったりする。

旦那は自分で妊娠や出産をしていないために、
妻が思っている以上に親馬鹿な態度を取ってくる。

育児をすれば、
妻も旦那も親馬鹿になるものだ。
それでいいのである。

子どもにとっては
親が親馬鹿になってくれるからこそ、
子どもは脳の限界を取り払い、
脳のシナプスを増やしていけるのである。

例えば子どもが一人立ちしたら
夫婦揃って大喜びをするものだ。
だから子どもは脳のシナプスを増やして行くことができる。

もしも父も母も
「子どもが一人立ちするのは当たり前じゃん」と白けていたら、
子どもは脳のシナプスを増やして行くことができなくなる。

親が親馬鹿になってしまうのは、
子どもが非常に可愛い顔をしているからである。

実は子どもが非常に可愛い時期と、
親が親馬鹿になっている時期は、
脳のシナプスが増えて行く時期とピタリと一致している。

子どもが非常に可愛いからこそ
親の理性のタガが緩んでしまい、
親は子どもをとことん可愛いがることによって、
子どもは脳のシナプスを増やしていくことができるのだ。


ホーム サイトマップ