レーシックでの視力回復について

レーシックの手術におきまして、視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう。
なので実際に手術をしてくれる担当医の先生からの注意事項等はしっかりと聞くようにしましょう。

 

レーシックでは、最近における技術向上によりまして、どんどんとその安全性が保証されてきているのです。
視力矯正手術は、角膜を直接治療することとなるので、なかなか手術をする勇気が出てこないこともありますが、その安全性は現在におきましてはほぼ確立しているのです。
視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。 レーシックの手術を実際に受けた人のデータとしまして、裸眼での視力が1.0よりも低い人となっており実は約30%も占めています。
メガネもコンタクトレンズも必要とすることなく快適な暮らしを実現することが出来ているのです。

 



レーシックでの視力回復についてブログ:2018-09-23

都会の真ん中で子育てする
カルガモ一家が最初に話題になったちょうどその頃、
僕は子育ての真っ只中だった。

当時、長女は幼稚園の年長組。
しかし、僅か五歳という若さで、
すでに彼女の下には、四歳、三歳、一歳の妹達と
生後間もないおとうと、合計四人がいた。

ところが五人の幼い息子がいながら、
お母さんである僕は車の免許を持っていなかったので、
当然、長女の登園には下の四人の妹弟たちも
引き連れて行かなければならなかった。

そこで毎あさ、僕は長男を背負い、
四女と三女をベビーカーに乗せると、長女と二女をベビーカーの両側に立たせ、
しっかりと手押しの棒を握らせ、
それからゆっくりとベビーカーを押し幼稚園に向かった。

大人のあしなら十分もかからぬ距離であったが、
この状態での歩行では、
優に2〜30分は掛かっていたように思う。

お母さんを中心に、幼い息子達がヨチヨチ、テクテク…
その光景はまさにニュースで放映されていた
カルガモ一家のお散歩風景さながらだった。

正直、自分の時間も無い程
忙しく育児に明け暮れていた時は、
一日も早くこの息子達から解放されたいと願うこともあった。

しかしあれから10年以上もの月日が流れ、
息子達も両親の手を必要としなくなった今、
その当時を振り返るとなぜか妙に懐かしく感じられる。

思えば、息子達に囲まれて過ごす毎日、
それは何と贅沢で幸せな時間であったか…
後になって悟るその恵み…
その価値の大きさ…

さて、子育てもいよいよ終盤戦。
これから僕は、未来に向かって羽ばたいていく
五人の息子達の後ろ姿を見守りながら
生きていく人生となるのだろう。

ホーム サイトマップ