レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの


レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
レーシックの治療において今現在利用されている技術というのは、まだ確立され始めてから歴史が浅いものとなります。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。

レーシックの手術で最悪の失明をしてしまうかもということですが、これはほぼあり得ないといえるでしょう。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。
メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。 他の病気や疾患の手術でもリスクはあるのと同じでレーシックにもリスクはあります。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。





レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:2018-11-30

もう十年以上も前になりますが、
わしの家に2匹の子ネコがやってきました。

一緒に生まれたらしく、
同じ段ボール箱に入って置かれていたのでした。

色んな意味で余裕がなかった当時のわしには、
とても飼う自信はありませんでしたから、
一晩だけ泊めてあげるつもりでアパートに連れて帰りました。

秋祭りの23時でした。
新しく越してきたその土地では、
道祖神祭りという珍しいお祭りが行われていました。

珍しいお神輿を見ようと出かけて戻ってみると、
ネコが見当たりません。

居なくなったかもしれないと思うと愛しさが募るものなのか、
探し回っている間に、
わしは飼おうという決心が固まりました。

60分以上も探して見つかった時、
ネコたちは冷蔵庫の裏の部品のすき間に
身体を寄せ合って眠っていました。

それから十年以上が過ぎ、
あの自信のなかったわしに、
ネコ達はたくさんの贈り物を残してくれています。

毎晩くっついて眠り、
庭のある家に引っ越すなど
色んな問題をクリアしながら一緒に暮らし、
顔を見合わせて、泣いたり笑ったり…

そんな中で、
ネコ2匹がわしに見せてくれたこと、
わしにしてくれたこと、わしにさせてくれたこと…

それは、親密感、信頼、愛…といった
すばらしいもの全部を経験させ、
わしの中に育ててくれたことだったと言っても、
大げさではない気がします。

でも実は、
1匹がこの世を去るまで、
わしはあまりそのことには気付いていませんでした。

ごはんにも、健康にも気を使わず、
しかも悩み多い毎日で、帰ってきても
泣いたり怒ったりしていた日がたくさんありましたから、
そんなわしを見つめ続けていたネコたちにも、
きっと悲しい思いをさせていたことでしょう。

レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

★メニュー

レーシック後には感染症に注意
術後の安定までの日数
悩みの遠視もレーシックで治療
レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
手術中に痛みがあるのかどうか
レーシックで老眼も治療可能
レーシックでの視力回復について
医師選びは知識と経験が大切
一時的なレーシックにおける後遺症
レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これがレーシック!納得の視力回復術