レーシックは両目に限ったことではない

レーシックは両目に限ったことではない


レーシックは両目に限ったことではない
視力が低下してしまい悩みを抱えている人の中には、両目ではなく片方の目だけが低下してしまっている人が多くいます。
この低下してしまった片方の目だけをレーシックによって回復させることが出来るのです。

両目の視力が異なるということは、決して珍しい症状ではなく、非常に多くの人に起こっています。
コンタクトレンズやメガネを購入する時にも、左右で度数が異なることがあります。そんな視力をレーシックで元通りにしてしまいましょう。
「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。 レーシック手術によって片方だけの目を治療をすることに抵抗してしまう人も中にはいることでしょう。
しかし片目だけのレーシックというのはごく一般的に行われている手術方法の一つなのです。





レーシックは両目に限ったことではないブログ:2019-04-22

頭がい内出血…
突然襲いかかってきた病いは
おれ達夫婦に絶望をもたらしました。

息子がまだ生後10ヶ月の時でした。
奇跡的に一命はとりとめたものの、
病気が残していったものは大きいものでした。

「この子にはもう右の世界はありません」
「この子はもう障害児だから」
その言葉におれは心まで凍りついた事を思い出します。

右半身マヒ、言語障害、けいれん発作…
将来歩く事も無理と言われ、
リハビリの毎日、度重なる入院そして手術。

息子の心にどんな影を落とすのか、
ただただ不安で笑顔を失くしたおれがいました。

だけど息子は泣かなかった。
むしろ笑っているんです。
いつもニコニコして幸せそうに笑うんです。
まるでおれの心が見えているかのように…

入院しても手術しても笑顔だけは失くさず、
「僕は病気したけど心は病んでないよ」
息子を見ているとそんな風に感じます。

喋べる事も歩く事も無理だと言われていた息子が
会話が出来るようになったのも、歩く事が出来るようになったのも、
医学の力だけではない、
息子の心の強さのようなものを感じます。

一週間ほど前、いつものように病院へ行っていました。
その日のおれは体調が悪く、足取りも少し重かったと思います。

すると
「ママ、いつもゴメンネ。体質悪くて本当にゴメンネ」と言って
涙を流す姿がそこにありました。

ショックでした。
息子に「体質が悪くてゴメンネ」と言わせてしまった事が
すごくショックでした。

それと同時に
「なんて優しく心がキレイなんだ」
と感じました。

おれは
こんなキレイな涙を流す子供を
育てさせてもらっているんだ…と
思い知らされました。

そして、
自分の子供ではあるけれど、
おれもこの子供に育ててもらっている…と
実感しました。
レーシックは両目に限ったことではない

レーシックは両目に限ったことではない

★メニュー

レーシック後には感染症に注意
術後の安定までの日数
悩みの遠視もレーシックで治療
レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
手術中に痛みがあるのかどうか
レーシックで老眼も治療可能
レーシックでの視力回復について
医師選びは知識と経験が大切
一時的なレーシックにおける後遺症
レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これがレーシック!納得の視力回復術