レーシック後には感染症に注意

レーシック後には感染症に注意


レーシック後には感染症に注意
レーシックにおきましては、手術が終わった後はしばらく目を清潔に保ちながら日々の生活を送る必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。

感染症と呼ばれているものは、レーシックの手術をしたことによる副作用であったり、または拒絶反応ということではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。
最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシックの手術を受けた後には、手術をした切り口が正常に近くなるまで意識的に目を清潔に保って生活をしましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。





レーシック後には感染症に注意ブログ:2018-05-12

したの表面に付いている白いもの…
あれは、汚れそのものなんですよね。

もちろんうっすらと付いている
程度であればまったく問題ありませんが、
しっかり濃く付いている人は、要注意!

したを見れば、その人の健康状態がわかると言われていますが、
したを清潔に保つことは、
ダイエットにとってもいいことなんです。

新陳代謝が悪かったり、唾液が少なかったりすると
汚れもたまりやすいそうです。

したに汚れがたまると…
味覚がうまく働かなくなり、鈍くなってしまいます。

味覚が鈍くなるということは
薄味の食品では満足できず、
自然と味付けの濃いものを好むようになるんですよね。

味付けの濃いものには塩分が多く、むくみの原因になります。
また、糖分も多く含まれていることが多いので、
その分カロリーも高くなりがち…

味付けの濃い食品って、
高カロリーの食品が多くありませんか?

逆に、薄味の食品には、
低カロリーのものが多いです。

だから、
ダイエット中、ヘルシーな食べる事で満足するには、
味覚を正常に保つことが大切になってくるわけですね。

したの状態を正常に保つためには、
歯磨きの時に、いっしょにしたも磨いてあげるといいみたい!

したの表側と裏側を、奥から先に向かって
歯ブラシでなでるように…
これを数回繰り返すだけでも、
したの状態はだいぶ違ってきますよ!

口の中を清潔に保って、
薄味で低カロリーの食べる事でも満足できるようになれば、
ダイエットにも必ずいい効果が生まれるはずですよ。

した磨きは口臭予防にもなるので、
ぜひ試してみてくださいね!

今日はおしまい!!!
レーシック後には感染症に注意

レーシック後には感染症に注意

★メニュー

レーシック後には感染症に注意
術後の安定までの日数
悩みの遠視もレーシックで治療
レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
手術中に痛みがあるのかどうか
レーシックで老眼も治療可能
レーシックでの視力回復について
医師選びは知識と経験が大切
一時的なレーシックにおける後遺症
レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これがレーシック!納得の視力回復術