レーシック後には感染症に注意

レーシック後には感染症に注意


レーシック後には感染症に注意
レーシックにおきましては、手術が終わった後はしばらく目を清潔に保ちながら日々の生活を送る必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。

感染症と呼ばれているものは、レーシックの手術をしたことによる副作用であったり、または拒絶反応ということではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。
最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシックの手術を受けた後には、手術をした切り口が正常に近くなるまで意識的に目を清潔に保って生活をしましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。





レーシック後には感染症に注意ブログ:2018-12-09

ダイエットを挫折する理由の
ナンバーワンともいわれるダイエットの停滞期!

停滞期を上手に乗り切って、
ダイエットを成功させるためにも
停滞期の周期を把握しておきましょう。

ダイエットの停滞期とは…

何らかのダイエットを行うことによって
今まで身体に蓄積されていた脂肪がなくなると、
身体は減った分の脂肪を補おうとします。

そうなると基礎代謝も下がってしまい
脂肪燃焼力も下がるので、
同じようにダイエットを続けていても
体重が減らないといった現象が現れるわけです。

停滞期と減量期は交互に訪れますから、
停滞期の周期を把握して、
この期間にできるだけ代謝を上げるように
心がけることが大切になります。

停滞期の周期を把握するためには、
自分の体重減少状態はきちんとメモし、
グラフにしておくと良いでしょう。

停滞期には個人差がありますが、
一般的には
21日間~1ヶ月前後が
周期といわれています。

停滞期は個人によって期間が違うので、
あせらず今までどおりの
ダイエットを続けるようにしましょう。

停滞期に体重の変化を気にしすぎると、
ストレスとなり
やけ食いなどの原因ともなってしまいますよ。

せっかく減った体重が元に戻ったり、
それ以上にリバウンドしてしまっては
これまでの努力が水の泡!

停滞期と上手に付き合うことが
ダイエットを成功させるコツですから、
自分の周期をしっかり把握しておきましょう。

ダイエットを着実に続ければ、
停滞期と減量期を繰り返しながらも、
必ず目標体重に近付いていきます。

思うように体重が減らないからといって
ダイエットを諦めてしまわないようにしましょうね。

嗚呼,気分爽快
レーシック後には感染症に注意

レーシック後には感染症に注意

★メニュー

レーシック後には感染症に注意
術後の安定までの日数
悩みの遠視もレーシックで治療
レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
手術中に痛みがあるのかどうか
レーシックで老眼も治療可能
レーシックでの視力回復について
医師選びは知識と経験が大切
一時的なレーシックにおける後遺症
レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これがレーシック!納得の視力回復術