一時的なレーシックにおける後遺症

レーシックの手術を行ったことによって生じる可能性のある後遺症としては「目の充血」「目が沁みる」などがあります。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。

 

レーシックをすることで視力が再び低下してしまうなどの症例はほとんどありえません。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。
レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。 視力の低下というのは、近視の程度が酷ければ酷いほど、その可能性が高くなってくる後遺症と言えます。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。

 



一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:2018-11-19

産後減量は、
お腹周りについた脂肪を取ることが、メインの目的です。

出産後のからだは、出産によって減ってしまった筋肉の代わりに、
脂肪の割合が増えています。
また、基礎代謝も低下しているので、
皮下脂肪を燃焼しにくく、太りやすいからだになってしまっているんですよね。

そういった産後の時期に、
甘いお菓子を食べ過ぎたり、食べる事量を増やしたりすると、
産後太りが悪化してしまうので、気をつけましょう。

消費されるエネルギーは、
炭水化物や脂肪ですが、からだに筋肉がついていないと、
スムーズに消費されません。

なので、
良質のタンパク質を摂り、筋肉をつけることが、
産後減量には重要です。

あれもこれもと食べ放題では、
あっという間に、痩せにくいからだを作ってしまいますよ。

満腹感があって、カロリーが少ない食品を摂るなど、
食べる事に工夫するだけでも、随分違いが出るものです。

産後に元の体型に戻りたいのであれば、
妊娠中も、産後減量のことを頭に置いて、
食べる事に気をつけるなど、努力するようにしましょう。

そして、出産後は、筋肉の量が減り、筋力も低下しがちなので、
体調が悪くなければ、ウォーキングなど、
からだに無理のかからない、軽いトレーニングを取り入れると良いでしょう。

家にひきこもるのでなく、赤ちゃんを連れて、
外に散歩に出るだけでも違いますよ。

産後減量は、
出産後半年間が勝負とよく言われていますが、
実際は、妊娠中から、どのように過ごすかで、
その勝負も大きく結果が違ってくるという事を知っておきましょう。


ホーム サイトマップ