一時的なレーシックにおける後遺症

レーシックの手術を行ったことによって生じる可能性のある後遺症としては「目の充血」「目が沁みる」などがあります。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。

 

レーシックをすることで視力が再び低下してしまうなどの症例はほとんどありえません。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。
レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。 視力の低下というのは、近視の程度が酷ければ酷いほど、その可能性が高くなってくる後遺症と言えます。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。

 



一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:2019-03-18

ぼくは、ここ3日間、
外食で、ポテトチップスうすしお味とかポテトチップスうすしお味ばかり食べていたので、
カロリーオーバーで8KGも増えちゃいました…

でも、一度ダイエットに成功していると、
減らし方は知っているので、特に慌てません。

何週間かかけてゆっくり戻せばいいだけです。
だから心おきなくじっくり味わって食べましたよ!

これがダイエットする前だったら
「これを食べたら太ってしまう。どうしよう…」
という気持ちになり、
とてもじっくり味わう気になれなかったかもしれません。

食べた後も、
「こんなに食べてしまった…」
と自分で自分を責めてしまったりして、
せっかくの美味しいポテトチップスうすしお味も台無しです。

ならば、せっかく美味しい物が食べられる機会なんですから、
じっくり美味しく味わいましょう!

ダイエットに成功していれば、減らし方も分かっているし、
ガマンする必要もないのでストレスも溜まりません。

ダイエット中も、こんな機会を作って、
「ダイエットの休日」
として、満足いくまでじっくり味わって食べるべきだと思うんです。

例えば…
フランス料理のコースなら、
少しづつ出て来てくれるので
じっくり・良く噛んで味わって食べられますよね。

こういう食べ方なら脂肪になりにくいし、
少ない量でもお腹が満足するので、
食べ過ぎませんしね!

たまにはこんな機会を作って、
ダイエットのストレスを解消しつつ、
再びダイエットを行なう活力にしましょう!

「美味しいものを美味しく食べる」
そんな当たり前のことを、心おきなく実践するためにも、
ダイエットしてメリハリのある生活をしましょう!

どんとはれ

ホーム サイトマップ